科学雑誌を見て、理数科目の勉強をしよう!

背景画像

ニュートンTLTの魅力

自宅作業が適してるかどうか

通信教材の魅力について何かしらの宣伝を見るときはあっても、それが自分という個人の学習スタイルに合っているかどうか、という話になると別問題だと考えている。誰か一人がここの通信教育はとても合っている人もいれば、全くといって良いほどパーソナル的に適していないという人もいる。人気のある通信教材に自分の勉強方法がついてこられないのではなく、逆に提供された教材が自分の勉強スタイルに適していないだろうと、個人的に分析している。ではどうしたら自分にあった通信教材を見つけられるかどうかと聞かれると、正直探すコツなどを提供できるわけでもない。こればっかりは自分というものを良く分析した後、使ってみての感触で判断するしかないとそう話すしかない。勉強方法の問題という話にもなるが、実のところ通信教育という勉強には適性というものは関係していると分析している。

ここで一つの例を挙げてみよう、ここに一人のもうすぐ学校卒業を間近に控えた学生がいるとしよう。当然これから生きていくために必要な収入を獲得するために就職活動をしてようやく内定先が見つかった。しかしそんな学生には1つの悩みがあった、それは働かなければならないと思っていてもこれから毎日平日朝早く起きて満員電車に揺られるのだけは何とかならないだろうか、という問題に立ち尽くす。会社近くに引っ越すという手段もあるが、新卒の身では引越しなどの諸費用はまだ十分に手元にはないため、現在住んでいる所から継続して勤務する事になる。働きたくないわけではない、単純に毎日朝早く起きて通勤する事が嫌なだけなのだ。そうしたとき、学生は自宅で仕事をするという方法について考えてみる。そうすれば時間的な制約といった納期も関係してくるが、基本的な面でかなり融通の効く生活になるのではと、希望を持っていた。学生は悩む、中年まみれの満員電車に揺られて通勤するか、自宅で時間に縛られながら仕事をするか、どちらが自分に最適な働き方なのかと問答する。

突然何を言い出すのかと思っている人もいるが、こうした悩みを抱えている人は実のところ少なくはないだろう。ただ単純に仕事なんてしたくないと考えているわけではなく、電車に乗っての通勤なんてしたくないという人は多いはず。筆者も出来るなら満員電車に乗る時間は短いに越したことはないと考えている。だがもしも職場が都内など基本的に物件の家賃が高いところに越すとなったら、それだけの苦労を負担できるかどうかという現実を見る必要もあるが、提示した例でいいたいところはそういうことではなく、在宅業務というものについて適性を持っているかどうか、という点についての話だ。

自宅作業はかなり個人差が出る

仕事、または勉強を自宅でした方が集中できるという人もいるだろう。または家にいたら余計な物が沢山ありすぎて集中する事が出来ないから図書館など公共の場で勉強、もしくはカフェなどの飲食店で仕事をする、なんて人もいるに違いない。筆者は気分転換も兼ねて時に家で、時に外でと使い分けていたときもある。後者については金銭的に掛かってどうしようもないと感じたりもしたが、前者だと気が散ってしまうという話も理解出来る。

何が言いたいのか、家で仕事が出来れば最高かもしれないが逆に出先に行ったほうが自分を惑わすものがないからこそ集中できる場合もある、ということだ。また外に出ることで自分を諌めることも出来るため、通勤は苦手だけど生活も掛かっているし、自分は在宅での作業は多分出来ないだろう冷静に自分の特性を理解している人もいると見ている。

少し回りくどくなってきたのではっきりというと、つまり自宅で仕事という道を選んだとしても継続して業務をこなせるだけの精神力を持っていなければ、仕事を続けていくことは出来ない、ということを言いたいわけだ。これは仕事ではなく勉強においてもそうだ、集中力を維持できる環境は人によって大きく異なる、一切の雑音がない場所でしか無理という人もいれば、どのような喧騒に包まれていても気を乱されることはないという人もいる。自宅での仕事だけでなく、これは通信教育のようなものにおいても当てはまる。単純に家で勉強する習慣を身につければ解決する、というモノでもない。そういう意味では教育機関が確固として存在している理由も、納得出来るのではないだろうか。

株式会社ニュートンから発売されている通信教材

自宅で何かしらの仕事をするとなったら生活がかかっていると考えれば集中できるかもしれない、ただ勉強となったらいつでも出来るからいいだろうとつい放置しがちになったりしていないだろうか。またそんな感情は実のところ、自分にとって興味関心度合いが薄かったりしないだろうか。人間とは面白い生き物で、本当に自分が興味を持ってしていることなら時間を忘れて打ち込めるというものだ。一番分かりやすい例で言うとテレビゲームがそうだ、ついつい長時間プレイして視力を落とすことになってしまうなど、弊害をもたらすこともあるが一重に自分がゲームに対して強すぎる関心の方向を延ばしているからこそ為し得る技だ。その集中力の矛先を勉強にも向けろというが、それが出来ないのも人間の集中力における原理において説明できる。要は勉強に興味がないからだ。ではどうしたら少しでも自分から学ぼうとする意志を促進させられるかというと、勉強する内容が自分にとって興味が尽きないものだと認識できれば、功を奏する。

通信教材もそうした特性で、この教材を使用することで知識としての問題はもちろん、自分が勉強を維持して行くことが出来るだけのモチベーションを得られるかどうか、見極めることで上手な通信教育を体現できると考えられる。そうした中で筆者的に、何とも好奇心をそそられるような通信教材を見つけたので話をすると、科学雑誌『Newton』を発行している企業『株式会社ニュートン』から提供されている通信教材『TLTソフト』について話をしたい。科学雑誌として高い評価を受けているニュートンというのも魅力だが、発行元の企業から提供されている通信教材というのは何とも面白そうだ。ではそのTLTソフトとはどのようなものなのかについて少し話をしよう。

TLTソフトとは

この通信教材はパソコンを利用した自動習熟システムとなっているので、最近の情報化社会の状況を踏まえてみると誰でもその気になれば利用することが出来る通信教材だろう。TLTという言葉だがこれは、

TLT=Testing Learning Training

という略称になっており、初心者でも容易に使用する事が出来るお勧めの教材となっている。TLTソフトといっても、実のところ色々な種類が存在しているので、今回はその中から『TOEIC』対策として提供されているソフトについての話を例として用いて話をしてみよう。

魅力があるからこそお勧めできる

TLTソフトはパソコンがあれば勉強することが出来るソフトとなっており、それはこのTOEIC対策についてもそうだ。このソフトの特徴には『日米特許』を取得しているのも特徴ですが、学習スタイルにここでは注目していきたい。TOEICともなると勉強しなければならない事がかなりある。リスニングに読解力、そして単語力という総合的な英語力を設けていないと高得点を取得することは出来ない。TOEICを受験したことがある人は経験していると思うが、単純に試験時間が通常よりも極めて長いという問題をまずはクリアしなければならない。筆記試験もだが、その後のリスニング試験についても問題量と音声放送という魔の子守唄に堪えなければ、折角勉強して来たとしても無駄になってしまう。筆者の友人は学校で行った模擬試験的な対策授業で、終始爆睡してしまったという経験をしたという。

TOEICの勉強なんてものを受けることはない、またこれから先日本から国外に出る事はないから必要はないと思っている人もいるかもしれないが、単純に教養として身につけていくことを考えれば面白くなるものだ。またこの教材を使用することで、格段に成長することも十分可能性としてありえることを断言できる。というのも、このソフトの長所として紹介されている凄いところが、まさに英語教材において理想的とも言える勉強を行うことが出来るからだ。その特徴とは、

  • 1:間違えた問題や知らなかった単語だけを繰り返し学習して、トレーニングすることが出来る
  • 2:忘却曲線を活用しつつ、隙のない学習を行う事が出来る徹底振り
  • 3:音声だけを聞いて英語を聴き取るディクテーションを継続していけば、英語を聞く力は恐ろしく鍛えられる
  • 4:学習する人間のレベルに応じて、勉強を進めていくことが出来る

こういた点を鑑みて判断してもらえれば、自分のしている事が将来的に役立つだろうと理解できるだろう。通信教材の魅力は自分にあった学習方法を、誰かと比べる事無く自分のペースで進められることにある。勉強方法の1つであるディクテーションは、耳だけで英語を聞き取る事が出来るかどうかになるのでこの時点で個人差が生じやすい。筆者もディクテーションを学校の授業で半年ほど行っていたが、その結果最初の内はまったく聴き取ることが出来なかったのに、気付けば3月頃になったらかなり鮮明に単語を聞き分けることが出来るようになっていたのだ。初めこそ何を言っているのか理解出来なかったのに、ここまで成長するものかと驚いたものだ。

さすがは科学雑誌Newtonを発行している企業だけあって、人間の人体構造を理解しているからこそ中身が充実している通信教材を提供することが出来るのかもしれない。筆者は別段ニュートンからの回し者というわけではなく、純粋にこの教材の凄いところを紹介しているので信じるも信じないもお任せする。本当に英語力を鍛えたいと考えている人には、このTLTソフトという通信教材の利用をお勧めしたい。英語力を挙げたいと心の底から思っている人は、物は試しにこの教材を使って勉強してみてもいいだろう。